情報開示の基本方針

基本方針

 栄電子グループは、「お客の役に立て」とのグループ理念のもと、直接のお客様はもとより、株主・投資家、お取引先、従業員、地域社会等全てのステークホルダーに対して積極的かつ継続的なIR活動に取り組み、広く社会全体に企業情報を公平かつ速やかに情報開示することに努めます。

情報開示の基準

 当社は、金融商品取引法その他関係法令及び東京証券取引所(JASDAQスタンダード)の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に沿って、情報開示を行っています。
 また、適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえ、可能な範囲で積極的かつ公平に開示いたします。

情報開示の方法

 適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所(JASDAQスタンダード)への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて行います。
 また、適時開示規則等に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえ、適宜、適切な方法で速やかに開示いたします。

将来の見通しについて

 当グループが開示する情報のうち、過去の事実以外のものは、開示時点において入手可能な情報に基づく判断による将来の見通しであり、経済情勢、市場動向、その他諸制度の変更等、今後の様々なリスクや不確定要素等の要因によって実際の成果や業績は、大きく変動する可能性があることをご承知おきください。

沈黙期間

 当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間として、決算に関連するコメントや質問への回答を控えることとしております。